15時以降も即日お金を借りる方法とは?

銀行の営業窓口が閉まるのが平日15時という事は一般的に知られていますよね。キャッシング会社が利用者の指定する金融機関口座へ依頼されたお金を振り込む場合にも、当然この時間は関係してきます。

 

利用者が「◯◯円貸して下さい!」と振り込みの申請をして、キャッシング会社が「いいですよ!」と交渉が成立したとしても、実際に平日15時を過ぎていた場合、キャッシング会社としてはその日のうちにお金を振り込む手段がないことになります。

 

それでは、15時を境にどうやってもお金を借りることは出来なくなるのでしょうか?
もちろん、他の方法が残されていないわけではありません。

 

指定口座がある場合

条件は絞られますが、キャッシング会社が指定する銀行口座がある場合があります。

 

提携している銀行の口座だったり、銀行カードローンの場合自社の銀行口座だったりしますが、そこを取引口座として指定することで、かなり時間に融通の利いたキャッシングを受けることが可能となります。

 

中には24時間365日、いつでもリアルタイムに取引が出来るところもありますし、申し込み当日でも夕方17:00まで即日キャッシングしますよ、というところもあります。

 

口座があることが前提なので、すでに持っている人に限られますが、もしあるのであれば優先的に検討しても良いでしょう。

 

自動契約機がある場合

キャッシング会社によるのですべてではありませんが、自動契約機を持っているキャッシング会社であれば、15時以降でも即日キャッシングが可能となる可能性があります。

 

契約成立まではインターネット経由で進めるのが一番早いので、そこまではネット上で済ませてしまいましょう。その後専用のカードを郵送ではなく、自分で自動契約機まで取りに行くのでその場で発行して欲しいという旨を、先に先方に伝えておきましょう。

 

そうすれば、機械のある場所まで行ってカードを受け取り、それを使ってすぐに融資を引き出せます。
契約機は夜9時くらいまで稼働しているものが多いので、確率は高いでしょう。

 

15時以降に借りるならココがオススメ↓

すぐにお金を借りるならモビット