審査ってどのくらい時間がかかるの?

キャッシングの審査にはどれくらいの時間がかかるのか、各消費者金融や銀行カードローンが提示している最短審査時間と、実際の口コミなどの平均時間などからまとめてみましょう。

 

本当に早いキャッシング

おそらく本当にスムーズに行ったとして、審査から現金を手にするまでの時間で最短なのは1時間というところでしょう。

 

早い審査を謳っている会社では、審査時間そのものは最短30分というところが多いですが、実際には手続きがあり、契約を締結した後に融資の申請をして現金が振り込まれるまでが必要時間ですから、どんなに早くても1時間はかかると思ったほうが良いです。

 

しかもこれは平日の営業時間内と考えたほうが良いでしょう。

 

申し込みにもよる

最高の条件としては、平日で、朝9時から審査が始められるような状況です。

 

例えば朝9時から「申し込み」を始めるとすると、自分がどれだけスピーディに必要情報を相手に伝えられるかにかかってきます。なるべく申し込み時の必要事項が少ない業者を選ぶという方法もありますが、焦ってミスをすればそれだけ審査に引っかかる可能性が高くなります。

 

申し込みという作業自体にも1時間くらいの手間がかかると思ったほうが良いので、ベストなのは、営業時間が始まる前までに、インターネットなどでじっくり丁寧に間違いのない申し込みを済ませておくことです。

 

時間がかかるのは審査だけではない

審査に通るかどうかは確かに気がかりなことですが、審査にかかる時間が1時間でも、その後カードが発行されて手元に届くまでには1週間から2週間くらいかかるのが普通です。

 

会社によっては、この「カード受け取り」までが審査のうちで、ここまで終了しないと融資はしないとしている会社もあります。つまり、ちゃんとその住所に住んでいて、本人が受け取るという行為も含めて融資条件としていることになります。

 

ほとんどの大手会社は、インターネット上で契約が済めばその場で口座振替を可能にしていますが、どうしても専用カードでの引き出しを希望するなら、自分で自動契約機か店舗に出向いて、カードを受け取るしかありません。