総量規制とキャッシング・カードローン

キャッシングやカードローンを利用するにあたり、総量規制のことを把握しておいたほうが良いでしょう。この総量規制というのは、個人が借り入れをする場合、年収の3分の1までしか借り入れが行えないというものです。

 

これは一社で3分の1ということではなく、何社から借りようと3分の1までという仕組みになっています。年収の3分の1が80万円という場合、A社から40万円借りると、次にB社から借りる場合にはあと40万円までしか融資を受けられないというものなのです。

 

これは貸金業者に対する規制なのですが、キャッシングやカードローンがこの総量規制の対象になるわけです。しかしながら、この規制があると困るという利用者もいるのではないでしょうか。

 

年収の3分の1を超えるお金を調達しなければいけない場合、非常に困ったことになります。

 

ですが、総量規制の対象外になる例外がありますので、どうにかなる可能性はあります。
たとえば銀行カードローンの場合には、総量規制の対象外になるのです。

 

銀行は貸金業者ではありませんし、銀行が運営するカードローンも貸金業者ではないため総量規制の対象にならないわけです。通常、年収の3分の1となると、実際にはけっこうな金額になる人が大半でしょうから、これを超える借り入れを希望する人は少ないでしょう。

 

しかしながら、オーバーするような場合には、規制の対象外に該当する銀行カードローンの利用を検討すると借りられる可能性があるのではないでしょうか。なお、すぐに資金調達をする必要がある人は、総量規制対象外であり、なおかつ即日融資が可能なところを選ぶ必要があります。