生活費が足りない状態を救ってくれたアコム

40代男性A.Kさん

 

お金を借りた会社:アコム

 

私がアコムを利用しはじめたのは、勤めていた会社の業績が下降気味になってしまい、収入に影響を及ぼしたのがきっかけでした。

 

それまでは自動車やその他家電など高額なものにローンを組んでいたり、自身の小遣いが少し足りない時にクレジットカードや銀行カードのキャッシングを利用していました。

 

但し、月々の返済額が生活費に支障の出ない範囲でやりくりしていましたし、返済遅延などのトラブルは起こしていませんでした。その時点では消費者金融にお世話になることは予想していませんでしたし、昔からのイメージとして消費者金融にはあまり良いイメージをもっていなかったのも事実です。

 

ところが収入への打撃が長引くにつれて貯金の目減りも激しくなってきて、どんどん不安ばかりが大きくなってしまったのです。

 

とうとう生活費に不足が生じはじめてしまい、新たな借り入れ計画を立てねばならなくなりました。ところがクレジットや銀行の融資枠は厳しいもので、借入枠の残りもほとんどありません。親戚筋とは疎遠になっていたので、そこからの借り入れはまず無理でしたし、知人から借金をすることだけは絶対避けたかったのです。そうして消去法で考えていった時に残っていたのは消費者金融しかありませんでした。

 

しかし未体験の世界でしたので、一歩を踏み出すのにかなり勇気がいりました。
人に相談しづらい内容でもありますので、自分の勘だけで判断するしかありません。

 

そこでなるべく業界内でもメジャーと思えて、通勤途中の利便性の良い場所という2点からアコムに決めたのです。はじめて窓口に相談に行った時はとても緊張をしましたが、実際は良い意味で肩透かしを食らったかのようにとても柔らかな印象でした。例えて言えば、親切な役所の窓口といった感じです。

 

ある程度まとまった金額を希望したので、源泉徴収などの収入証明が必要でしたが審査もスムーズに進み無事融資を受けることができました。

 

金利の面でも納得のできる説明をしてもらえたのでとても安心でき、それまで持っていた先入観はすべて無用なものだったことを感じたのです。

 

アコムでの初めての借入から時が過ぎ返済も進んでゆく中、会社の業績も底這いから一転して上向きになってゆきました。そして僅かながらも年収ベースで賃金アップとなりました。

 

返済実績も相当な回数を数えた頃に融資枠アップの案内をもらい、将来訪れるかも知れない危機のために申し入れをして増額となりました。一時はかなりの金額まで借入残高が膨らみましたが、その後に副業を得たこともあって順調に返済は進んでいったのです。

 

生活費が困窮して底をつきかけたあの時、アコムに申し入れをして本当に助かったと思っています。