TV窓口や契約機なら仕事帰りにも

キャッシングを受けたいと思っても、仕事が忙し過ぎてとても日中外出することは出来ないという人も多いでしょう。申し込み自体はインターネットでも出来ますが、それすらままならない状況であっても、据え置きの機械を使って融資の申し込みをする方法はあります。

 

消費者金融だけでなく、銀行カードローンでも同じようなシステムを用意しているところがありますので、仕事帰りの遅い時間でも申し込みが出来る、マシンを使った方法についてまとめてみましょう。

 

無人契約機、自動契約機

消費者金融の大手がかなり昔に設置を始めたのが、無人で申し込み手続きが出来る専用のマシンです。

 

これらは現在でも変わらず稼働していますので、駅やショッピングモールなどで見かけることも多いでしょう。稼働時間も夜9時から9時30分くらいまでのところが多いので、自分で利用しやすい場所のマシンをチェックしておくと良いでしょう。

 

無人、自動と言っても、マシンの向こうにはオペレーターがいますので、基本的には店舗で対面しているのとなんら変わりはありません。わからないことは聞けば良いですし、スキャニングマシンなどもあるので、必要な書類さえ自分でしっかり準備して行けばスムーズに手続きが進むでしょう。

 

TV窓口、ローン契約機

最近では銀行カードローンの中にも、申し込みに関してインターネットとは別にマシン対応を始めているところがあります。銀行カードローンごとに呼び名は変わりますが、TV窓口でもローン契約機でも、どちらも画面とオペレーターとの会話で手続きを進めて行くシステムに変わりはありません。

 

普通預金口座の開設も同じマシンで出来るところもあります。

 

基本的には銀行本体の窓口が閉まっていても、ATMの稼働スケジュールに合わせて運営されていることが多く、平日なら24時近くまで稼働している場合もあるようです。銀行は窓口業務がすぐに終わってしまいますし土日もやっていないところが多いので、こうした対応は助かります。